MENU

アフターピルを産婦人科で処方してもらうまでの割と上げのバリアは?

アフターピルは、中寸法のピル(マミーホルモン)に関しまして、何らかの理由で避妊に失敗した場合、危急避妊法として使える薬のことです。

 

性行為後半3太陽未満(72時間未満)であればその後危急避妊として有効であると言われています。

 

アフターピル,市販,薬局,産婦人科

 

薬にてことなるのですが、着階層にかかる時間再び少ない3太陽の間に、マミーホルモンを規定量以来投与し、内膜を生理ものの状態にすることによって着階層を妨げる働きがあります。

 

アフターピルを産婦人科で処方してもらうまでの障害として、予め挙げられるのが、ピルを得るまでの手順と言えるでしょう。

 

アフターピルが欲しい、について、だいたいの場合が焦っていたり落ち込んでいたり、避妊のことを知られたくないということが多いと思いますが、そんな中も最少踏まなければならない手順があります。

 

ひとたび産婦人科をめぐって問診を受ける大切があります。そこに本日来院した対象を記入せねばならず、再び問診を仕上げると医師との診療にまわされます。

 

そうして医師にいつ頃性交渉をしたのか等を聞かれ、その後にピルをどうにか渡されます。バリエーションによっては何回かに分けて呑むこともあるので、それも繁雑と言えるでしょう。

 

産婦人科の担当がどうだというわけではないですが、焦燥や低下があるインサイド、何人ものお客様における認識はいまいち爽やかものではありません。これが一番の障害ではないでしょうか。

 

次の障害としてあげられるのが、アフターピルを出さない病院も割と多いという点でしょう。

 

行ってみて処方できないと仰る場合もあるので、では問い合わせて見る方がいいでしょう。母体保管法制限医であれば大丈夫可能性が高いので、参考にして下さい。

 

最後の障害は、値段だ。アフターピルは、保険適応外であり自前診療であるため、値段が高くなります。薬にもよりますが、多分概して5000?15000円ほどは掛かるでしょう。

 

仮に薬を処方できるか問合せの電話を変わる場合は、合わせて費用についても問い合わせることをお勧めします。

 

何個か障害を記載しましたが、望まない受胎を防ぐために、アフターピルは有用であると言えます。

 

但し、ピルは体内のホルモン状態に大きな変化を送るやり方なので、使わないに越したことはありません。避妊について十分な掲載って注意をすることが、一番重要なことでしょう。

 

アフターピル最前へ