MENU

市販されているアフターピルは残るの?

大きい避妊レートという、避妊が失敗した際のピンチに使用できるという点で便利なアフターピルは、万が一のために女性が購入して置きたいホルモン剤だ。

 

アフターピル,市販,薬局

 

とにかく摂取が早ければ早いほど避妊レートが上がると言われていて、性行ときの24時間以内に使用すれば90%以上の構築で成功すると言われていることから常備薬として持っておきたいという奴もいるでしょう。

 

または避妊が失敗したら、アッという間に買いに通えるという制約であれば、誰もが平安貰えるものです。ただし、アフターピルは一般的な低用量ピルと同じもので、医師の処方がなければ購入することはできません。

 

ホルモン剤という語感からビタミン剤のように近所の薬局などで市販されていて、手軽に購入出来ると考える人も多いでしょう。

 

但し、効果や副作用の悩みから市販達することはなく、一般的な低用量ピルと同様にお母様科で処方してもらうしか購入する方策がありません。

 

また、避妊という目的の結果、頑強保険の適用外として、購入時は自由受診となってお越し代や処方箋代を含めてすべて元値での費消となります。

 

自由受診は病舎身の回りで単価を自由に設定できるので、5千円時分のところもあれば3万円を超えるように賭けにばらつきがあります。

 

速く飲めば効果はあるのですが、きっちりお越しを受けなければならず、病院に行く時間がなければ無意味なことになる場合もあります。

 

常備薬として持っておきたいという人のために、自分輸入にて入手するという方策もあるので、必要な奴は海外から購入するのも検討してみると良いでしょう。

 

アフターピルメインへ